子どもと低い山で山登りデビューしました(日和田山)

我が子は自閉症で知的障害があり、現在特別支援学校小学部の高学年です。先日、初心者や子どもにも登れる低い山を探して、埼玉県日高市にある日和田山(標高305m)に登りました。今回は日和田山登山について綴らせていただきます。

日和田山登山について

日和田山へのアクセス

  • 電車で行く場合
    電車で行く場合は、池袋駅から西武池袋線に乗り、高麗駅で下車します。

  • 車で行く場合
    圏央自動車道狭山日高ICから国道407号線、県道15号線などを経由して日和田山登山口の前にある駐車場に駐車します。

日和田山登山の服装、持ち物

日和田山には楽なルートで登る女坂と岩場を登る男坂があります。我が家は女坂のルートで登ったので、履き慣れている運動靴を履いて登山をしました。女坂ルートでは、3歳くらいの幼児やガールスカウトやボーイスカウトの子ども達の集団、そしてご高齢の方も登っていました

男坂は岩場を登り下りする険しいルートです。男坂ルートで行く場合には、滑りにくい登山用の靴と靴下を履いて行くことをお勧めします。また、手を保護するための手袋があった方が良いと思います。

日和田山の標高は低いので、頂上の気温は地上とほとんど変わりませんでした。(山の気温は標高100m高くなると0.6度下がります。日和田山頂上は標高200mなので、地上より1.2度低くなります。)

その他、タオルや雨具、日よけの帽子、虫よけグッズ、防寒対策の羽織があると良いと思います。熱中症対策に飲み物も必ずご持参ください

山頂から男坂ルートを見下ろした様子です。急な傾斜の岩場を登ってくる人が見えました。

日和田山女坂ルートでの登山の様子

女坂ルートで頂上を目指しました。なお、スタートしてから頂上までおよそ25分で登りきることが出来ました。下りはもっと早く登山口にたどり着くことが出来ました。

日和田山の登山口です。
登山口を上がってすぐにお手洗いがあります。山頂にはお手洗いはありませんでした。
木漏れ日を浴びながら登り始めました。鶯が鳴いていて、とっても心地よかったです。我が子は走って登っていました。
段々高くなってきました。それでも我が子は親より早く登って行きました。体が強くなったなぁと感心しました。
木の根っこや岩の上を歩いて登って行きました。砂利や岩の上を歩く時には運動靴だと滑りやすかったので、慎重に歩きました。
女坂ルートの唯一にして最大の難所、岩の坂が見えてきました。
岩の坂にはしっかりした手すりが設置されていました。「しっかり手すりを持って!」と我が子に声を掛けながら集中して登りました。登っていると体が熱くなりました。汗もかきました。
岩の坂を過ぎると頂上の鳥居が見えて来ました。頂上に金刀比羅神社があります。
山頂の眺めです。標高305mですが、とても見晴らしが良くて達成感を感じることが出来ました。我が子も嬉しそうに眺めていました。
頂上の岩場です。ここで座って休憩をとることが出来ました。

子どもと登れる低い名山

子どもと週末に登れそうな全国の500m以下の名山を調べてみました。

  • 礼文岳(北海道、標高490m)
    稚内市の沖に浮かぶ礼文島の最高峰の山です。海岸近くまで高山植物が咲く最北の花の島として有名です。
    登山道は整備されており、危険個所は少ないので家族で楽しめるようです。
  • 梵珠山(青森、標高468m)
    青森、弘前の市街地の均衡にあり、青森県の「県民の森」に指定されています。頂上に展望台もあります。
    秋にはブナ林の紅葉、春には水芭蕉やカタクリの群生が見られ、四季毎に景色を楽しむことが出来るようです。家族で無理なく登山が楽しめる山のようです。
  • 経ヶ蔵山(山形、標高474m)
    山形県庄内平野の一角に位置し、山頂付近の経塚には平安末期と言われる経典が納められている歴史のある里山です。4〜5月の新緑の頃と10月〜11月の紅葉の時期が登山にお勧めのようです。
  • 大福山(千葉、標高292m)
    市原市の最高峰。頂上の展望台からは梅ヶ瀬渓谷を眺めることが出来、春は梅、秋は紅葉の名所として知られているようです。ナメ滝、せせらぎの階段、湿原、通過できる川のトンネルがあり、景色の変化を楽しめるようです。濡れずに歩ける登山用の靴の方が良さそうです。
  • 富山(千葉県、標高349m)
    「とみさん」は『南総里見八犬伝』の舞台となった山です。房総半島の南側に位置し、天気が良ければ富士山も眺めることが出来るようです。コース沿いにはスイセン畑が点在しており、春に訪れると白い花と香りが楽しめるようです。
  • 鎌倉アルプス(神奈川県、大平山標高159m)
    日和田山に登る前に、鎌倉アルプスとして知られている大平山の天園ハイキングコースの一部のルートを登りました。初めてのことで余裕がなくて写真をほとんど撮っていなかったのですが、建長寺や半蔵坊なども観光することが出来て、山の上からの眺めも最高で、とても楽しかったです。半蔵坊の階段が結構急で大変でした。
北鎌倉駅から徒歩15分の建長寺からスタートしました。
半蔵坊の辺りから撮った写真です。とても眺めがよく、緑が綺麗でした。鎌倉アルプスはまた登ってみようと思います。
  • 満観蜂(静岡県、標高470m)
    頂上からは大きな富士山や静岡市街地、駿河湾や、南アルプスを眺めることが出来るようです。山頂までは複数のハイキングコースがあるようで、日本坂峠はヤマトタケルが通ったとされています。
  • 賤ヶ岳(滋賀県、標高421m)
    琵琶湖の奥にあります。山頂広場では北に余呉湖、西に琵琶湖が見えてとても美しい景色が眺められるようです。春は桜、秋には紅葉が楽しめるようです。
  • 大文字山(京都府、465m)
    京都の東山にある山で、お盆の8月16日の夜に山の中腹に大の字をかたどって積み上げた割木に火をつけて送り火を焚いて先祖の供養をします。登り口はいくつもあり、コースを変えて楽しむことが出来ます。
  • 鬼城山(岡山県、397m)
    岡山県の中央部に広がる吉備高原の南端に位置する山です。すり鉢を伏せたような山の形で、山腹斜面は急でですが、山頂は平たんです。快晴であれば瀬戸内海の島々や市国の山並みが眺められるようです。
    この山には吉備津彦命という人が山に住む鬼を退治したという言い伝えがあり、桃太郎のモチーフとされています。
  • 次郎丸岳(熊本県、397m)、太郎丸岳(熊本県、281m)
    二つの山は兄弟とされています。山頂手前の大岩「見晴岩」では雲仙、有明海、天草松島の素晴らしい景色を眺めることが出来るようです。

まとめ

山のことは全く知らないのですが、500m以下の名山が全国各地にあることが分かりました。Googleで検索してみたら素晴らしい景色の写真が沢山載っていて、評価も高く、どの山にも興味が湧きました。

私も子どもの頃によく家族で近くの標高400mくらいの山に登りました。ガイドブックには載っていませんが、とても楽しい思い出が沢山あります。そんな身近な山がきっと誰にでもあるのでしょうね。

山に登っている時の我が子はとても積極的で逞しく、私よりぐんぐん前を歩いて行きました。滑りやすい岩の上を歩いたり、足を高く上げてよじ登ったり、山登りは天然のアスレチックだと思いました。

山道で人にすれ違うと「こんにちは」と挨拶をしました。挨拶は山の文化なのですね。私が子どもの頃に登っていた山でもいつも挨拶していたのを思い出しました。

500m以下の低い山なら日帰りで気分転換に登ることが出来て、私も子ども楽しめると思いました。また登れそうな山を探して親子で登ってみようと思います。

読んでくださり有難うございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ