はまぐりでお雛様を作ってみたので作り方について

以前、食べたはまぐりの貝殻を使ってお雛様を作りました。とても可愛らしく出来合たので、作り方をご紹介させていただきます。

はまぐりのお雛様の作り方

準備するもの

  • はまぐりの貝殻
  • 紙やすり
  • 木工用ボンド
  • 白い紙、筆記用具(デザインするため)
  • アクリル絵の具
  • 絵の具を溶かすための少量の水
  • アクリル絵の具用の細い筆、ニス用の筆
  • 水性ニス
  • ネイルシール
  • 40Lごみ袋やラップ、ティッシュ、絵具を乗せるお皿(プラスチック等なんでもOK)

はまぐりのお雛様作りの手順

食べたはまぐりの貝殻を洗って天日干しする

はまぐりを食べたら、しっかり洗って綺麗にしてください。そして、貝殻をお天気の良い日にしっかり乾かしてください。私は念のため1日天日干ししてから、数日風通しの良いところに置いておきました。

乾いた後、蛤の表側がざらざらしていたら、目の細かい紙やすりで軽くやすりがけしてください。紙やすりは100円ショップで買いました。

貝殻がよく乾いて、やすり掛けしたので表面が滑らかになりました。

貝殻の表と裏をボンドで貼り付ける

ぴったりと合う蛤の表と裏を食べる前のように合わせて、接続面をボンドで貼って乾かしてください。

デザインする

まず、白い紙にどんなお雛様を作りたいかを考えてデザインします。

みどり
世界でたった一つのお雛様を作るので、気に入ったデザインになるまで考えてみてください。

白いアクリル絵の具で貝殻全体を塗る

まず、白いアクリル絵の具で貝殻を一度全部塗ってください。貝殻の柄がまだ見えていたら、乾いてから2度塗りしてください。貝の表面の柄が見えなくなるように厚塗りします。

絵の具で作業していると机を汚してしまったり、片付けが面倒だったりするので、私は机に予め40Lの大きいポリ袋を机にかけておきます

また、プラスチック製の食器や、あまり使っていないお皿の上にラップを敷いて、その上に絵の具を使いそうな分だけ乗せて、お水でしめらせた筆で少しづつ絵の具を溶いて塗ると、片付けが楽です。塗り終えたら、ラップをはがして捨てることが出来ます。(パレットに絵の具を直接乗せてしまうと、パレットを洗う時に絵の具で汚れた水を排水溝に流してしまうし、排水溝も汚れてしまうので、少量のラップの上に絵の具を乗せて、ラップごと捨てる方がいいかなと私は思います。アクリル絵の具はアクリル樹脂製なので、そのように使いました。)

右の2つが白く塗った状態です。白く塗った貝殻の上にお雛様の顔や着物を描いていきました。

お雛様の顔や着物を描いていく

アクリル絵の具を使って、お雛様の顔や着物を描いていきます。アクリル絵の具を塗る時には水は少量にしてください。水が少量だと塗りやすく、乾きも早いです。はまぐりの両面を塗らないといけないので、片面を塗ったら乾かして、乾いたら裏返してもう片方の面を塗ってください。

顔と着物の比率などを鉛筆で薄く下絵を描いても良いと思います。私は鉛筆で汚れるかなと思ったので、いきなり絵の具で描きました。顔を描くのは細かいので緊張しました。

ピンク色の頬は、薄く絵の具を指人差し指の指先に着けて、ポンと乗せました

お雛様の大まかな顔が描けました。
金色・銀色のアクリル絵の具でお雛様に桧扇(ひおうぎ)、お内裏様に笏(しゃく)を描きます。

細かい柄はネイルシールを貼る

着物の細かい柄はネイルシールを貼ってみました。自分で描ける方は絵の具で描いても良いと思います。

両面の絵が描けたらニスを塗ります。

両面の絵が描いてよく乾いたら、表面に水性ニスを塗ります。ニスを塗る時には、片面を塗ってよく乾いたら裏返してもう片面を塗ってください。私は艶々にしたかったので、ニスを2度塗りしました。ニスを厚く塗ると傷もつきにくいと思います。

ニスを塗って艶々になりました。キラキラしてとても綺麗です。

お雛様の周りの飾りを作る

お雛様とお内裏様の周りに飾るための飾りを作りました。貝殻の内側を金色のアクリル絵の具で下絵を塗って、その上に桃や桜の花などを描きました。外側は何も塗らず、貝の柄を残しました。絵の具の作業が終わったら、内側の絵の具が塗ってある部分にニスを塗りました。周りの飾りはあってもなくても良いと思います。

残っている貝殻の内側に桃の花や桜、梅などの和の花を描きました。外側には何も描かず、貝合わせのように貝の柄を残しました。
私のお雛様はお内裏様とラブラブな関係です。

残った貝にちりめん生地を貼っても可愛いです

貝殻の表面にボンドを塗って、ちりめん生地を貼り付けます。生地を貼ったら2枚の貝を合わせてボンドで貼り付けます。私は鈴にしたかったので、紐に鈴を付けて結び、鈴を貝の中に入れて、結んだ紐の輪の部分を少し上に出した状態で、貝をボンドで貼り合わせました。貝と貝の継ぎ目にもボンドを塗って、紐を一周貼り付けます。

貝殻にちりめん生地を貼って作った鈴を一緒に飾ってみました。
貝の鈴をつなげてガーランドにしても良いと思います。貝の形が可愛いから、素敵だと思います。

まとめ

以前、親の還暦祝いをした時に蛤のお吸い物を一緒に食べました。その時に残った貝殻でお雛様を作ってみました。あの日からあっという間に数年経ちましたが、自分が作ったお雛様を見る度にあの日のことを思い出します。これからも雛祭りの度に、自分で作ったお雛様を見て、両親の様子を思い出すと思います。

雛祭りの時に親子で蛤を食べて、その残りの貝殻で一緒に作ったら、親子の素敵な思い出になると思います。貝殻も捨ててしまえばゴミにしかならないですが、お雛様にしたら宝物になります。

もしご興味を持っていただけたら、ぜひ作ってみてください。

読んでくださり有難うございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ